ガッツポーズのナース

「不眠症は治したいけど、病院には行きたくない」と、自力で不眠と戦う方法を考えていませんか?

日本人の約20%の人が不眠に悩んでいるほど、不眠症は国民的な問題だと言えます。
しかし、病院に通うとなると時間も費用もかかってしまうため、できる限り自力で不眠症を治したいものですよね。

そこで今回は気軽に始められる不眠症改善方法を紹介します。
あなたに合った改善方法を見つけて、良質な睡眠を取り戻しましょう!

睡眠薬は通販で買える

病院に行かなくても、通販で薬が手に入るんです。
市販薬なら楽天、医療用の睡眠薬は海外通販で購入可能!

・手軽に試せる楽天
楽天でドラッグストアで売られている市販の眠剤を買うことができます。病院の処方薬に比べ効き目が緩やかで、「緊張して眠れない」といった一時的な不眠症の方にピッタリ。

・医療用の睡眠薬なら海外通販 
海外通販を使えば、医療用の睡眠薬が購入できます!本来は処方箋が必要な睡眠薬が、スマホ1つで購入できるなんてすごく便利ですよね。長い間続く不眠症や、市販の眠剤で効果がなかった方には医療用がオススメです。

ライフスタイルの見直しを

「やっぱり薬には頼りたくない!」という方は、生活習慣を改めて不眠の改善を目指しましょう。

>夕食を早めに済ます
食後は消化活動が活発に行なわれるため、興奮状態にあります。食事は睡眠時間の2時間前までに済ませておきましょう。
>毎日軽い運動をする
体力が有り余っていて眠れない場合もあります。運動不足の方は、ウォーキングや軽い筋トレなどを継続して行ないましょう。
>カフェインの摂取は夕方まで
カフェインを時間を気にせず摂っていると、不眠の原因になります。カフェインの摂取は夕方までに留めましょう。
>アロマや音楽でリラックスする
ラベンダーやカモミールの香りはリラックス効果があります。自分の好きな香りや音楽でリラックスすると眠りやすくなります。
>寝室は暗くする
寝室が明るいままでは体内時計が狂ってしまい、上質な眠りには繋がりません。部屋は暗くしましょう。

自分の不眠タイプを知ることが大切

一言に不眠症と言っても症状によって4種類に分けられています。

・入眠障害
布団に入ってからなかなか寝付けず、30分以上経っても眠れない
・中途覚醒
夜中に何度も目が覚めてしまい再度寝付くまでに時間がかかる
・早朝覚醒
起きる予定の時間よりも2時間程早く目が覚めてしまいその後眠れなくなる
・熟眠障害
睡眠時間を確保してもぐっすり眠った感が得られない

症状が1つだけの場合もあれば、複数を伴っていることもあります。
不眠治療の薬を選ぶ際も不眠タイプによって最適な薬が異なるため、まずは自分の症状を知ることが改善への第一歩です。

自力で不眠を改善する方法は、ライフスタイルの見直しから薬の服用までさまざまです。
あなたに合った改善法がきっとあります。ムリなく続けられる方法で良質な睡眠を手に入れましょう。