月別: 2020年5月

寝不足が続いたら不眠症を疑おう

膝を抱えて悩んでいる人

「眠ろうとしているのに眠れない」「中途半端な時間に起きる」
そのような症状が1ヵ月以上続いていて、日常に支障をきたしてはいませんか?
自力で眠ろうと努力をしてまったく改善できない人は、不眠症かもしれません。

寝不足と不眠症にはそれぞれ違う特徴があります。
眠る時間がなくて眠れないのが寝不足、時間はあるのに眠れないのが不眠症です

不眠症を放置していると、精神を病んでしまう可能性があります。心の病気につながるほど私たちにとって睡眠というのはとても大切なことなのです。
寝不足が悪化したら不眠症を疑い、早めに治療を始めましょう。

どんな症状が不眠症?

不眠症には、主に4つの症状があり入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害です。あなたはどちらに当てはまりますか?

・入眠障害
なかなか寝付けない、眠りに入るまで時間がかかる
・中途覚醒
スムーズに眠れはするが、起きるまでの間に何度も目が覚めてしまう
・早期覚醒
予定していた時間よりも早く(2時間以上前)起きてしまい、その後眠れなくなる
・熟眠障害
眠りが浅いうえに、十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず満足感がない

4つの症状にプラスして眠れないことにイライラし始め、不安や焦りを感じるようになったら不眠症になっている可能性があります。
身体の不調はメンタルヘルスにも直結します。心当たりがある方は一度医師に相談することをおすすめします。

不眠症は早めの治療開始を

自分の症状が不眠症だと発覚したら放置禁物。
「すぐに治るだろう」と侮ってはなりません。放置し続けると悪化し慢性化する可能性も。

不眠症の治療は、薬物療法と生活習慣の見直しを同時に進めていきましょう。
日常生活のパターンを正していくのはなかなか挑戦しづらいものですよね。
しかしそんなに気負いしなくても大丈夫。誰にでもトライできる睡眠サイクルの正し方を紹介します。

睡眠サイクルの正し方
・昼夜逆転しないようにする
・就寝前は強い光にあたらない(スマホやパソコンなど)
・適度に散歩をして、運動不足解消する
・ストレスを感じたら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせる
・寝酒は睡眠の質を下げるので控える

上記のポイントを試しながら病院へ行き、睡眠薬を処方してもらいましょう。
薬の力だけに頼って治そうとする人もいますが、不眠症は投薬効果だけでは治りません。
暮らしのパターンを修正しながら眠れる体制をつくり、なおかつ睡眠薬の力を借りるのが重要です。

眠ることは、食事同様で人間にとってとても大切な要素。毎日十分な睡眠をとって快適な生活を送りましょう。

{ Add a Comment }

ドリエルで眠れない人がいる

眠れないことを相談している様子
 
ドリエルは、軽度の不眠改善を目的に作られた市販薬です。

薬局で購入できて気軽に試せることで知られていますが、ドリエルを飲んでも眠れない人もいます。
ドリエルの効果は一時的な不眠の緩和。残念ですが慢性的な不眠症の方には適していません。
ドリエルで眠れる仕組みとどのような人に効果的か紹介します。

ドリエルで眠れる仕組み

ドリエルの有効成分はジフェンヒドラミン。
脳から分泌されるヒスタミンという覚醒成分を抑制して、自然に近い眠りを促します。

ジフェンヒドラミンは、カゼ薬やアレルギーの薬に含まれる成分です。
「カゼ薬を飲むと眠くなる」という副作用を使って眠気を起こしています。
「眠れない日があるけど、睡眠薬には抵抗がある」という方にオススメ。

服用後30分から1時間程で眠気が起こり、持続時間は個人差があるものの7時前後です。

ドリエルは多くの人が安心して使えるよう、睡眠薬特有のふらつきや健忘などの副作用が抑えられています。
副作用発症率は約5%と少ないものの、人によっては翌日の眠気や頭痛などを感じる方もいるようです。

ドリエルは繰り返し服用すると効果が感じられなくなってしまうため、一時的な服用に留めましょう。

ドリエルはこんな時におすすめ

ドリエルは、「翌日プレゼンがあって緊張して眠れない」「出張中で環境が変わり眠れない」というような軽度の不眠に適しています。

ストレスや緊張など原因が分かる短期的な不眠にはドリエルが最適。
しかし不眠症の人は、ドリエルを飲んでも効果が感じられないことがあります。
実際にドリエルの注意書きには「日常的に不眠の人は服用しないでください」と記載されているほど。ドリエルはあくまで一時的な不眠症に効果を発揮します。

ドリエルを飲んでも効果が現れない場合や長期間続く不眠症の方は、精神科または心療内科を受診しましょう。

まとめ
薬局で購入できて手軽に試せることで人気のドリエル。カゼ薬に含まれる眠気を起こす成分を利用しており、副作用発症率も低く比較的安全な睡眠薬です。
短期的な不眠には最適ですが、日常的な不眠症の方には適していません。
あなたの症状に合わせて薬を選び、ぐっすり深い眠りを手に入れましょう。

{ Add a Comment }

即効性で選ぶハイプロン

おすすめしている人

ハイプロンとは、超短時間作用型の睡眠薬です。

ハイプロンはソナタという睡眠薬のジェネリック医薬品で、即効性に優れています。

早い効果を求める方にはハイプロンがオススメ。
ハイプロンの効果と購入方法を紹介します。
 
寝つきの悪さを即解消!

ハイプロンは効き目が早い特徴があり、飲んで20分前後で効果が現れます。
「不安や緊張でなかなか眠れない」と、寝つきの悪さに悩む方にピッタリの薬です。

作用時間が3~5時間と短いため、翌日へ眠気やだるさの持ち越しがほとんどありません。
「睡眠薬は初めてで、朝起きれるか心配」という方でも挑戦しやすいのが魅力です。

寝つきの悪さには効果的ですが、作用時間の短さから夜中や朝方に目覚めてしまう方には適していません。

ハイプロンの成分であるザレプロンは、非ベンゾジアゼピン系に分類されます。
非ベンゾジアゼピン系は睡眠薬特有のふらつきや依存のリスクが抑えられているので、比較的安全な薬です。
ザレプロンは、眠気を促すだけでなく、不安を抑え緊張をほぐす作用があります。
ストレスや緊張から眠りにつけない方はぜひ試してみたいものですね。

ハイプロンを服用する際は、1錠(10mg)または半錠(5mg)を寝る直前に飲みましょう。
即効性があるため、眠気やふらつきで転倒の恐れもあります。
寝る準備を整えてから服用し、飲んだ後はできるだけ早く布団に入りましょう。
お酒と一緒に飲むと健忘の危険性が高まるため、ハイプナイトを飲む際は飲酒を控えることです。

日本では未発売なんです

ハイプロンはインドの製薬会社(Consern Pharma)が開発した薬で、日本では未発売ですがインドから取り寄せることは可能です。
海外製の薬を個人輸入することは法律でも認められている合法行為。

「個人輸入って誰でもできるの?難しそう…」と思いますよね。
そこで個人輸入を代行してくれるサイトがあるのです!
個人輸入代行サイトを使うと、簡単に海外製の薬が購入可能。

中には代行サイトを装って、偽造薬を販売しているケースもあります。
リスクを避けるためにサイトを選ぶ際は、安心性の高い大手サイトを選びましょう。

{ Add a Comment }

ネットユーザーに人気!ハイプナイト

沢山の種類の薬

今ネットユーザーから注目を集めているハイプナイトを知っていますか?

ハイプナイトは、ルネスタのジェネリック医薬品です。
ハイプナイトがネット利用者に人気の理由は、通販で手軽に買えるから!

「睡眠薬を試してみたい。でも病院には行きたくない」そんなあなたにオススメの睡眠薬がハイプナイトです。

ハイプナイトの効果と購入方法を紹介します。

ハイプナイトはルネスタ・ジェネリック

ハイプナイトは、処方薬ルネスタのジェネリック医薬品です。
ルネスタは、睡眠薬特有のふらつきや眠気の持ち越しといった副作用が少ないことで人気の薬。日本では医療用医薬品に分類されており、処方箋が必要です。

ハイプナイトは、ルネスタの有効成分エスゾピクロンを主成分としています。
エスゾピクロンは脳の活動を抑制して眠気を促すため、「なかなか眠りにつけない」とお悩みの方に適しています。

ハイプナイトはルネスタと同じ成分でできているため、ルネスタ同様の効果・安全性があるのです。

ハイプナイトは服用後30分~1時間ほどで効果が現れ、眠くなります。
効果の持続時間はおよそ4、5時間と短いため、翌日に眠気を引きずることなくスッキリ目覚めることが可能です。

ハイプナイトは1mg~3mgから用量が選べます。
効果の現れ方には個人差がありますが、初めての方は1mgから試してみましょう。
比較的安全な薬ですが、効果が出ないからと急激に服用量を増やすと依存や副作用のリスクが高まります。
まずは少量からの服用で様子を見て、用量を増やしても3mgまでに留めましょう。

ハイプナイトが買えるのは海外通販だけ

ハイプナイトは、海外製の睡眠薬で日本では未発売です。
海外の薬は個人輸入でのみ購入が認められていますが、実際に自分で海外のメーカーと取引をして個人輸入をするのは手間がかかって大変。
そこで、個人輸入を代行してくれる通販サイトを利用すればカンタンに海外の薬を購入できるのです!
面倒な手続きは必要ありません。
ネット通販と同じ感覚で、手軽に海外の薬が購入できます。

眠れなくて悩むなら、ネットでカンタンに購入できるハイプナイトを試してみてはいかがでしょうか。

{ Add a Comment }

通販OK!初心者向け睡眠薬

初心者必見

「睡眠薬を試してみたい。でも何を選べばいいのか分からない…」と、睡眠薬を検討中の方必見です。

初めて睡眠薬を服用する際は、「次の日起きれなかったらどうしよう」「副作用はないかな?」など不安に思うこともありますよね。
そこで今回は、初心者でも挑戦しやすい睡眠薬ルネスタとハイプロンについてお伝えします。

病院で用いられているルネスタ

ルネスタは即効性の高さと副作用の少なさが特徴の睡眠薬です。
日本では処方箋が必須ですが、海外通販を利用すれば精神科や内科を受診しなくても手に入ります。

ルネスタは脳の働きを抑制して眠気を促します。
30分ほどで睡魔が訪れ、効果の持続時間が4~5時間と短いため翌日に残りにくい特質があります。寝つきの悪さや眠りの浅さで悩む方に最適。

ルネスタは翌日のふらつきやだるさといった副作用が少なく、初心者でも安心して試せる睡眠薬です。
副作用としては独特の苦みを生じることがありますが、「さほど気にならない」「マズくて水も飲めなかった」など、苦さの感じ方は人それぞれ。
用量をしっかり守ることで依存のリスクを減らせます。

即効性とキレのよさで頼りになるハイプロン

ハイプロンは海外製の薬で日本では扱われていませんが、個人輸入でのみ入手可能です。個人輸入の代行サイトを利用すれば、通販で簡単に購入できます。

ハイプロンは、スピーディな効き目とキレのよさが最大のもち味です。
効果は服用後15~20分程で現れ、服用の1時間後には有効成分が半分ほどに減ります。体内から成分が排出される速度が速いため、「翌日起きれるか心配」という方でも気軽にトライしやすい薬。
ハイプロンは眠りを促すだけでなく抗不安作用もあるため、不安を和らげリラックス効果を高めてより眠りやすい状態を作ります。

めまいや立ちくらみなどの副作用が少なく、依存や耐性ができくいことから初心者でも気軽に始めやすい薬です。
睡眠薬の服用後の記憶を失ってしまう健忘の副作用を起こす方がいます。
薬を飲んで眠るまでの記憶を失うだけならまだしも、携帯電話に記憶のない通話記録が残っていたり、夜中にお菓子を食べたりしている場合は注意が必要です。
健忘はアルコールを睡眠薬と一緒に飲んだりすると起こりやすいので、服薬時の飲酒は避けましょう。

まとめ
ルネスタとハイプロンは副作用や依存のリスクが少ないことから、ビギナー向けの睡眠薬です。
効き目が早く現れるので、ふらつきや転倒を避けるためにもベッドに入る直前に飲むことがポイント。服用方法をしっかり守って安心安全な服用を心がけましょう。

{ Add a Comment }