初心者必見

「睡眠薬を試してみたい。でも何を選べばいいのか分からない…」と、睡眠薬を検討中の方必見です。

初めて睡眠薬を服用する際は、「次の日起きれなかったらどうしよう」「副作用はないかな?」など不安に思うこともありますよね。
そこで今回は、初心者でも挑戦しやすい睡眠薬ルネスタとハイプロンについてお伝えします。

病院で用いられているルネスタ

ルネスタは即効性の高さと副作用の少なさが特徴の睡眠薬です。
日本では処方箋が必須ですが、海外通販を利用すれば精神科や内科を受診しなくても手に入ります。

ルネスタは脳の働きを抑制して眠気を促します。
30分ほどで睡魔が訪れ、効果の持続時間が4~5時間と短いため翌日に残りにくい特質があります。寝つきの悪さや眠りの浅さで悩む方に最適。

ルネスタは翌日のふらつきやだるさといった副作用が少なく、初心者でも安心して試せる睡眠薬です。
副作用としては独特の苦みを生じることがありますが、「さほど気にならない」「マズくて水も飲めなかった」など、苦さの感じ方は人それぞれ。
用量をしっかり守ることで依存のリスクを減らせます。

即効性とキレのよさで頼りになるハイプロン

ハイプロンは海外製の薬で日本では扱われていませんが、個人輸入でのみ入手可能です。個人輸入の代行サイトを利用すれば、通販で簡単に購入できます。

ハイプロンは、スピーディな効き目とキレのよさが最大のもち味です。
効果は服用後15~20分程で現れ、服用の1時間後には有効成分が半分ほどに減ります。体内から成分が排出される速度が速いため、「翌日起きれるか心配」という方でも気軽にトライしやすい薬。
ハイプロンは眠りを促すだけでなく抗不安作用もあるため、不安を和らげリラックス効果を高めてより眠りやすい状態を作ります。

めまいや立ちくらみなどの副作用が少なく、依存や耐性ができくいことから初心者でも気軽に始めやすい薬です。
睡眠薬の服用後の記憶を失ってしまう健忘の副作用を起こす方がいます。
薬を飲んで眠るまでの記憶を失うだけならまだしも、携帯電話に記憶のない通話記録が残っていたり、夜中にお菓子を食べたりしている場合は注意が必要です。
健忘はアルコールを睡眠薬と一緒に飲んだりすると起こりやすいので、服薬時の飲酒は避けましょう。

まとめ
ルネスタとハイプロンは副作用や依存のリスクが少ないことから、ビギナー向けの睡眠薬です。
効き目が早く現れるので、ふらつきや転倒を避けるためにもベッドに入る直前に飲むことがポイント。服用方法をしっかり守って安心安全な服用を心がけましょう。