膝を抱えて悩んでいる人

「眠ろうとしているのに眠れない」「中途半端な時間に起きる」
そのような症状が1ヵ月以上続いていて、日常に支障をきたしてはいませんか?
自力で眠ろうと努力をしてまったく改善できない人は、不眠症かもしれません。

寝不足と不眠症にはそれぞれ違う特徴があります。
眠る時間がなくて眠れないのが寝不足、時間はあるのに眠れないのが不眠症です

不眠症を放置していると、精神を病んでしまう可能性があります。心の病気につながるほど私たちにとって睡眠というのはとても大切なことなのです。
寝不足が悪化したら不眠症を疑い、早めに治療を始めましょう。

どんな症状が不眠症?

不眠症には、主に4つの症状があり入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害です。あなたはどちらに当てはまりますか?

・入眠障害
なかなか寝付けない、眠りに入るまで時間がかかる
・中途覚醒
スムーズに眠れはするが、起きるまでの間に何度も目が覚めてしまう
・早期覚醒
予定していた時間よりも早く(2時間以上前)起きてしまい、その後眠れなくなる
・熟眠障害
眠りが浅いうえに、十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず満足感がない

4つの症状にプラスして眠れないことにイライラし始め、不安や焦りを感じるようになったら不眠症になっている可能性があります。
身体の不調はメンタルヘルスにも直結します。心当たりがある方は一度医師に相談することをおすすめします。

不眠症は早めの治療開始を

自分の症状が不眠症だと発覚したら放置禁物。
「すぐに治るだろう」と侮ってはなりません。放置し続けると悪化し慢性化する可能性も。

不眠症の治療は、薬物療法と生活習慣の見直しを同時に進めていきましょう。
日常生活のパターンを正していくのはなかなか挑戦しづらいものですよね。
しかしそんなに気負いしなくても大丈夫。誰にでもトライできる睡眠サイクルの正し方を紹介します。

睡眠サイクルの正し方
・昼夜逆転しないようにする
・就寝前は強い光にあたらない(スマホやパソコンなど)
・適度に散歩をして、運動不足解消する
・ストレスを感じたら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせる
・寝酒は睡眠の質を下げるので控える

上記のポイントを試しながら病院へ行き、睡眠薬を処方してもらいましょう。
薬の力だけに頼って治そうとする人もいますが、不眠症は投薬効果だけでは治りません。
暮らしのパターンを修正しながら眠れる体制をつくり、なおかつ睡眠薬の力を借りるのが重要です。

眠ることは、食事同様で人間にとってとても大切な要素。毎日十分な睡眠をとって快適な生活を送りましょう。